自動売買のプログラミング

自動売買のプログミングで最も知られているのは、MT4のEAのプログラミングでしょう。これはMT4のツールのひとつであるMetaEditorで行いますが、エクセルのマクロ作成に似たものとなります。

MetaEditorで編集ファイルを開くと、ファイル上には元々記述されたものがあります。これはプログラムを書き込む場所を解りやすくしたひな形のようなものです。この中で左側に「//」の書かれた横列では記述されたことがプログラム実行での機能とは関係がなくなります。このため実際にはこの「ひな形」の中で実際にプログラムとして機能する部分はほんのわずかなものになります。

ちなみに上部の「#property link 」の下に「extern」と書き込み、その後に「int x=0;」などと記入しますとxについての条件定義をしたことになり、EAのプロパテウィンドウ内にパラメーターとして表示されます。この場合は「0」がその値となりプロパティウインドウで初期設定として表示されます。多くのEAでパラメーターの初期設定を変更したい場合は、このextern を見つけて変更すればよいでしょう。

そしてプログラムはその下にある「{」と「}」の間に書き込むということになります。「{」と「}」の組み合わせは3つありますが、プログラム的にはどの間に記述しても同じことになります。しかし主要なプログラムは、通常3番目の空間に記述します。

記述が終わればMetaEditorのツールバーの「Compile」ボタンを押します。記述したプログラムがコード構成のうえで問題がなければ下に「0 error(s), 0 warning(s)」が表示されますし、問題があればその内容が表示されます。このような場合、プログラムというものは通常はいくらかの機能の単位から成立していますから、それらの一つ一つを分類したりしながら、どこに問題があるかを調べます。

さてMT4のMQL4の場合、相場の価格のような瞬間的な状況を指定するコードがあります。しかしEA自体がローカルPCで処理されるアナログな部分があるために、そのようなコードがMT4上でうまく機能しないということがあります。このためそのようなコードに余り頼らず、EAによって何度も確認する機能をプログラムで作った方が良い場合があるようです。このようなことはEAのプログラムを複雑なものにするかもしれませんが、EAのプログラム内容を守秘するという利点の裏で、処理されなければいけないことのようです。EAの作成はなかなか簡単なものではないということが言えるでしょう。

FXシストレ業者ランキング!初心者に人気の業者はココだ!

サービス名 人気度数 提供会社 詳細
エコトレFX ★★★★★ ひまわり証券 詳細
オートFX ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細
シストレ24 ★★★★ インヴァスト証券 詳細

TOP

FX自動売買業者(無料シグナル付)

FX自動売買の基礎

他関連コラム

リンク