ミラートレーダー<FXCMジャパン>の検証

FXCMジャパンは、世界でも有名なFX取引会社であるFXCMの日本法人が、ODL JAPANとフォーランドフォレックス社との合併によって今日に至ったものです。ディーリングディスクを介さないNDD方式を採用し、顧客にクリーンな取引状況を提供しようと努力しています。

このFXCMジャパンは、現在自動売買システムである「ミラートレーダー」の提供を行っています。「ミラー」というのは、「売買シグナルに乗る」という意味です。ミラートレーダーでは、多くの取引プログラムが登録されていて、ユーザーがそれを選択できるようになっています。画面上ではそれらの取引プログラムが発信した売買シグナルが表示されることになっていますから、それを見てそのシグナルに乗るかどうかを決めることになります。

各シグナル毎にその取引プログラムのこれまでの損益、、最大ドローダウン、T-SCORE、取引回数を表示することができますから、それを確認して選択するかどうかを決めることができます。また、そのような売買シグナルが表示されるのは約30秒間ですが、その間に何人のトレーダーがその売買シグナルにミラーしたかも参照できるようになっています

もちろんこのミラートレーダーではそれらの取引プログラムによって一度ポジションを生み出せば、その取引プログラム内でしかそのポジションを決済できないかといえばそうではなく、手動で決済することも可能です。ある取引プログラムに乗ってみたものの、ある時点でどうしてもここで決済したいという状況が生じた場合は、その時点で決済できるということです。自動売買プログラムは人間の主観的な判断を除き去り機械的に売買判断を行うというものであって、それが自動売買の利点といえるでしょう。しかし時には、人間が見て間違いなくその後の結果が読めてしまうような状況も相場には生まれるかもしれません。そのような時にこそ。この機能は役に立つといえるでしょう。

このように既に完成された取引プログラムを顧客に提示しその利用を顧客に選ばせるというFX取引サービスは元々海外で始まったものですが、FXCMジャパンはその発祥が海外であるということから、今後さらに新しい発想によるサービスというものを提供していくことになるかもしれません。このミラートレーダーは現在、最低取引単位として1000通貨で可能になっています。気軽に経験してみることができますので、一度まずは口座を開設してみるのはどうでしょうか。

TOP

FX自動売買業者(無料シグナル付)

FX自動売買の基礎

他関連コラム

リンク