FX自動売買のメリット

■自動売買と裁量売買の違いとは?
FXの自動売買は、取引をパターン化することで、人間の感情を排除して取引をすることができます。 FXの取引において、人間の感情は時として邪魔になる時があります。

それは、決められたルールでの損きりの執行や売買停止ができないことや、早過ぎる利食いをしてしまうことなど。 これらの行動は、感情が入り込みやすい裁量トレードでは頻繁に見られるものです。 この感情を排除して、淡々と取引を繰り返すことができるのが自動売買だというわけなのです。

■感情を排除した取引が可能!
FXの自動売買は、設定したプログラム以外の行動はおこなわれません。 そのため、裁量トレードではよくある「熱くなってタイミングを待たずにエントリーをする」といった行動を排除することができます。

そういうパターンでは、決まって値動きを追いかけての売買か、むやみな難平を繰り返してしまうケースが多いです。 FXの自動売買なら、取引をパターン化することができ、相場にマッチしている間は作動、マッチしなくなったらOFFにすればいいだけですので、取引を客観的に見ることができます。

■FX裁量売買でよくある「早過ぎる利食い」
裁量売買でよくあるパターンのひとつに、「早すぎる利食い」が挙げられます。 ほとんどの投資家は、我慢して利益を大きくすることに抵抗を感じてしまいます。

なぜならば、含み益が相場の急変で消えてしまうのを、いくつかの売買で経験しているからです。 その結果、想定される損失よりも少ない額で利益を確定するという行動をおこしてしまいます。

FXの自動売買は、ロスカットと利食いポイントを設定してから、作動させます。 そのため、利益が乗っている途中で決済をすることがなく、損大利小を防ぐことが可能なのです。

■パソコンを切っても24時間作動OK!
セントラル短資やForex.comが取り扱っているサービスの中に、ミラートレーダーというサービスがあります。 このミラートレーダーは、パソコンを切っていてもインディケーターを動かし続けることができる自動売買システムです。 業者のサーバー上でシステムを起動して、取引をおこなうことができます。 そのため、24時間オープンのFX市場で、常時チャンスを狙い続けられるというメリットがあります。

■FXの自動売買なら取引をパターン化できる インディケーターを利用した自動売買では、取引がパターン化されます。 自動売買では、予め用意されたものや自分が作成したインディケーターを使って売買します。

それにより、裁量トレードによくありがちな無駄な売買を排除することができ、スプレッドコストや余計な損失を無くすことができます。

FXシストレ業者ランキング!初心者に人気の業者はココだ!

サービス名 人気度数 提供会社 詳細
エコトレFX ★★★★★ ひまわり証券 詳細
オートFX ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細
シストレ24 ★★★★ インヴァスト証券 詳細

TOP

FX自動売買業者(無料シグナル付)

FX自動売買の基礎

他関連コラム

リンク