FX自動売買で両建ては可能?

■自動売買で両建てできるの?
自動売買では、ストラテジーを複数同時に作動させることができます。
そのため、それぞれのストラテジーの発注シグナルが売りと買いで約定した場合、たまたまそれらのポジションが両建てになることがあります。

ですから、自動売買では、必然的に両建てができないとダメなわけです。

■両建てって何?
両建てとは、値動きが相関している通貨や同一通貨で、売りと買い両方を建てる手法のこと。
リスクヘッジや為替差益を翌年に持ち越すことが目的でよく使われます。

FX業者によっては、この両建てができるところと禁止されているところがあります。

■同一通貨ペアの両建て
同一通貨ペアを両建てした場合、為替変動リスクがほぼゼロになります。
そのかわり、両方建てている間はリターンも生じません。

また、売りと買いの両方でスプレッドコストが生じ、スワップ差損が発生します。

なぜ、コストがかかるのに同一通貨ペアで両建てという手法が用いられるのか?
それは、その年に出た為替差益を翌年に持ち越すために使われるからです。

FXの税金は、決済をして利益を確定しないと発生しません。
そのため、為替差益が出たポイントで両建てすることで評価益の変動をなくし、そのまま翌年に持ち越すという方法をとられることがあります。

■相関通貨の両建て
同じ値動きをする通貨ペアをそれぞれ売りと買いで両建てする場合があります。
このように相関通貨を両建てするのは、サヤドリという手法を用いるケースです。

サヤドリというのは、両建てしたそれぞれの通貨ペアの価格変動によって生じる誤差を、利益に変えようという手法です。
一般的なトレードよりも価格変動リスクが少なく、コツコツと利益を積み上げていくトレード方法だといえます。

■複数のストラテジーに分散するメリット
ストラテジーを複数走らせるメリットは、投資リスクを分散する効果があるということです。
ひとつだけのストラテジーに頼ると、ドローダウンの時期が発生した際に、損失をそのまま被ってしまいます。

例えば、持ち合い相場に強いストラテジーと、トレンド相場に強いストラテジーの両方を同時に走らせることで、片方が損失を被っても、もう片方で取り返すことができるかもしれません。
また、複数のストラテジーをポートフォリオに組み入れると、それぞれの成績を比較して見ることができるので、現在の相場で機能しやすいストラテジーを見つけやすくなります。

このように、FXの自動売買では、同時に複数の手法(ストラテジー)を使って相場にアプローチできます。
裁量トレードと比較すると、はるかに効率よくトレードができるわけなのです。

FXシストレ業者ランキング!初心者に人気の業者はココだ!

サービス名 人気度数 提供会社 詳細
エコトレFX ★★★★★ ひまわり証券 詳細
オートFX ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細
シストレ24 ★★★★ インヴァスト証券 詳細

TOP

FX自動売買業者(無料シグナル付)

FX自動売買の基礎

他関連コラム

リンク