トラリピのFX自動売買

■トラリピとは?
トラリピとは、正式名称トラップリピートイフダン取引といい、設定したレートにイフダン発注を入れ続けるシステムのことをいいます。
有名なFX業者マネースクウェアジャパンが提供している売買システムサービスです。

このシステムでは、現在レートから離して指値注文が置かれ、それが約定されると、利益確定もしくは損失限定のストップロスオーダーが自動で発注され続けます。
トラリピでは、このイフダン注文を一定の値幅で自動で発注され、機会を分けることで、リスクを分散することができるというので、最近注目されています。

■トラリピは自動売買でできる?
トラリピも一種の自動売買ですので、同じようなストラテジーは存在します。

FXのミラートレーダーのような予めストラテジーが用意されているようなシステムの中には、同じようなストラテジーがあります。
また、MT4のようなカスタマイズ性の高いプラットフォームでも、ストラテジーを自作するか購入すると、このトラリピ系の売買が可能です。

■トラリピのメリット
トラリピ系の自動売買システムは、自分で細かな発注をする必要がないので、非常に楽でやりやすいのが特徴です。
通常イフダン注文を手動で発注する場合、2つの指値、もしくは指値と逆指値に通貨レートを入力して発注します。

この場合だと、1回約定して決済されるたびに再度エントリーを発注しなくてはいけませんので、常に相場を監視していなければなりません。
トラリピ系のシステムなら、そういった手間が無く、全部自動でおこなわれますので、効率よく何回もチャンスを狙っていけるのです。

■トラリピのデメリット
トラリピ系は、予想が外れてしまうと含み損が大きくなる傾向があります。
つまり、損大利小の取引になりやすいシステムだといえるかもしれません。

そうなると、重要になってくるのが「勝率」です。
負けが込むと、資金が一気に目減りしてしまいます。

高めの勝率が確保できる場面を選らんでのシステムの起動が、勝敗を分けるといっても過言ではないでしょう。

■トラリピ系自動売買では、特に資金管理が大事!
トラリピ系の自動売買は、基本利益率が高いシステムですが、資金管理ができていないと危険です。
口座資金に対して多すぎるロットで仕掛けるのはやめた方がいいと思います。

理想的なロットのボリュームは、たとえ相場が大きく逆行して負けても、口座資金の分母に影響を与えない程度がいいでしょう。
余裕を持った取引が大事なシステムなのです。

FXシストレ業者ランキング!初心者に人気の業者はココだ!

サービス名 人気度数 提供会社 詳細
エコトレFX ★★★★★ ひまわり証券 詳細
オートFX ★★★★ FXトレードフィナンシャル 詳細
シストレ24 ★★★★ インヴァスト証券 詳細

TOP

FX自動売買業者(無料シグナル付)

FX自動売買の基礎

他関連コラム

リンク